塗装施工例(屋根編)

カラーベスト屋根施工事例(K様邸/大阪府摂津市)

築25年、はじめての塗装工事によるメンテナンスのご依頼を頂きました。
25年という年月により表面を保護していた塗膜は見る影もありませんでした。
それによって屋根材が水分を吸収し、ひび割れを起こし、コケ、カビが生え
コケのより水はけが悪くなり塗装でメンテナンス出来るギリギリの状態となっていました。
下地の野地板、防水シート(カラーベスト参照)に浸水が無かったので、今回は塗装によるメンテナンスとなりました。

まずひび割れを補修し、塗料の密着性を高めるシーラーを塗り、遮熱効果のある紫外線に強い塗料を2回、計3回にわたり塗り重ねることにより表面の保護ができ撥水性が高まってカビ、コケが生えにくくなりました。また遮熱効果のある塗料なので夏場屋根直下のお部屋のあのムシムシした暑さが軽減''''されました。

K様はご高齢ということもありご自分で屋根に上がり工事の進捗状況を確認出来ないことをご心配されていましたが工程を随時写真、動画によりお客様に確認、説明を繰り返し、結果、「美観、機能性」共に大変喜んで頂きました。

before

Before

After

After


~カラーベストとは~

カラーベスト屋根(他にスレート屋根、コロニアル屋根という呼び名があります。)
まず一般的なカラーベストの構造は、

1、垂木(たるき)と呼ばれる骨組みの上に、屋根の
2、「面」となる野地板を貼り、さらにその上にルーフィングと呼ばれる
3、防水シートを張ります。

~塗装工事~

カラーベストの塗装工事は
1、屋根を綺麗に洗浄し、
2、ヒビ、割れがあれば補修をして
3、塗料を3回塗り重ねて行きます。

塗装工事に使われる塗料は、紫外線、雨、カビ、コケなどからお家を守る機能が備わっており、一年を通して外部の過酷な環境にさらされる屋根は塗装で保護してあげる事が大切です。

~定期的なメンテナンスが必要です~

カラーベストの主な原料であるセメントは防水性が低く表面の塗装が劣化してしまうと防水機能が低下します。また表面劣化により屋根材が水分を含んでしまうと気温の変化により水分が蒸発、吸収を繰り返し屋根材にヒビが入ったり、割れたりして、結果雨漏りを起こします。