塗装施工例(外壁編)

外壁サイディングボード施工事例(M様邸/兵庫県西宮市)

現在工事進行中の現場の前を毎日お散歩で前を通られるのでただただ世間話をしていた方からご依頼いただきました!

築19年でベランダの手摺り鉄部など至る所で錆が発生しそのさび色が垂れた模様が至る所についていました。サイディング材を繋ぐシーリング材の劣化も酷く、常に雨漏りの危険性にさらされている状態でした。

まずはシーリング材の撤去、打ち直しです。ここで手を抜くとこの先どんないい仕事をしても何の意味もありません。シーリング後、壁・屋根共にしっかりと塗装して旦那様奥様から「新築顔負けやな!」頂きました!お客様に喜んで頂き職人冥利に尽きるかぎりです。

塗装施工例(外壁編)

Before

塗装施工例(外壁編)

After


~サイディングとは~

建物の外壁に貼る外壁仕上げ用の板材の事。
現在一般的に普及しているサイディングは、セメント質と繊維質により形成されています。
そのため元となる材料には吸水性があるので、防水性の機能保たせるには表面の塗装が重要になります。一般的に新築時の塗膜の耐用年数は7年~10年と以外に短いです。

・サイディングボードが劣化してくるとつなぎ目を埋めるシーリング材がはがれる
・サイディングボード自体がはがれる
・サイディングボードが反る
・チョーキング(外壁を触った時に白い粉がつく)

などの症状が現れます。このチョーキングが現れたら表面の塗装がはがれているサインです。
この状態では防水効果が薄くなっているという事なので、再塗装など修繕が必要です。